22:49:12
06

野良猫13匹虐待事件

yahoo!ニュースより引用

野良猫13匹を虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた元税理士、大矢誠被告人に対して、東京地裁(細谷泰暢裁判官)は12月12日、懲役1年10月、執行猶予4年(求刑:懲役1年10か月)の有罪判決を言い渡した。



猫虐待事件の裁判が2017年の12月に行われました。
動画は自分は怖くて見てません。
でも、悲しみや残念な気持ちはあります。

裁判の主文より一部を引用

駆除行為として猫を殺したが、駆除とは言えない残虐なやり方で犯行を繰り返すうち、虐待行為自体に楽しみを覚え、ネットで公開することが目的化していた。



虐待行為に楽しみを覚えるって信じられません。
猫は賢いですよ。
うちの猫は名前を呼ぶと走ってきますよ。

この事件がきっかけになったのか、タレントの杉本彩さんが新しい署名を立ち上げました。

杉本彩さんのブログはこちら→動物殺傷は重罪!動愛法の厳罰化とアニマルポリス設置の署名|杉本彩オフィシャルブログ

ネット署名って効果があるの?って思う人もいると思うけど、
今まで児童扶養手当法も育児介護休業法も変えてきたそうです。

なので希望を捨てずに参加していきたいものですね。

ネット署名が今まで児童扶養手当法も育児介護休業法も変えてきたという話はこちら→ネット署名は世の中を変えることができるのか 署名サイトChange.orgの4年間 (1/2) - ねとらぼ


猫の室内飼いに賛成の方は応援よろしくお願いします→
関連記事